墓掘りの檻/Grafdigger's Cage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grafdigger's Cage / 墓掘りの檻 (1)
アーティファクト

墓地やライブラリーにあるクリーチャー・カードは戦場に出ることができない。
プレイヤーは墓地やライブラリーから呪文を唱えられない。


ルール破壊カードの一種。墓地ライブラリーから呪文唱えること、あるいはクリーチャー・カードを戦場に出すことを禁止する。

通常の対策カードの類は使い道が限定されがちだが、これはリアニメイト不死頑強も含む)、出産の殻/Birthing Podなどの直接戦場に出すサーチ全般、フラッシュバックなど、影響範囲がかなり広い。ほぞなので粗石の魔道士/Trinket Mageでサーチできるのも重要な利点だが、スタンダード絡みのデッキではもれなく採用されている瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageディスシナジーになってしまうのが難点。

墓地利用が活発なイニストラード・ブロックでは特に有効な場面が多いが、墓地を参照したり追加コストなどに利用したりすることまでは制限できないし、また割られると封じる前の状態に戻ってしまう危険もあるため、素直に追放系の単発墓地対策を使ったほうがいい場面も少なくはない。この手のカードの例に漏れず、メタを読んだ使い分けが肝心と言える。

リミテッドでは、フラッシュバックや不死を台無しにできるので影響が大きいが、対戦相手だけでなく自分の首も絞めかねない点に注意。

モダンレガシーではドレッジグリセルシュートリアニメイトなどの墓地利用デッキが多いのでサイドボードによく見かけられる。安らかなる眠り/Rest in Peaceよりも軽く大祖始の遺産/Relic of Progenitusと違って真髄の針/Pithing Needleなどで封じられる恐れもないのが強み。特に、集合した中隊/Collected Company緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenithといったカードで展開を補助するようなデッキにも効果的なのが魅力的。反面、前述通り一部の墓地利用や墓地参照は封じられない点と割られる危険性がある点は小さからぬ欠点で、死せる生/Living End罰する火/Punishing Fireタルモゴイフ/Tarmogoyfなどに手出しできないことに注意が必要。

ヴィンテージではメインデッキから採用するデッキも多い。これを張ると、オースドレッジワールドゴージャーなどの各種リアニメイトのような、多くのTier1級のデッキを封じ込めることができるため。また、様々なデッキで使われている修繕/Tinkerにも有効である。こちらも使用する場合は自分で自分の首を絞めているように見えるが、これ自身を修繕の追加コストとして生け贄に捧げることで回避できる。それ以外にも、青の定番のカードになりつつある瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageストームデッキの裏のエンドカードと言えるヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will炎の中の過去/Past in Flamesなど刺さる相手は数多くいる。ただし一方で、茶単Mox対策にアーティファクト破壊が当然のように採用される環境であるため、割られたときの脆さという欠点も相対的に目立つため注意したい。

[編集] ルール

[編集] 参考

  1. Guilds of Ravnica: Magic Online Edition(Magic Online 2018年9月19日)
MOBILE