奸謀/Conspiracy

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Conspiracy / 奸謀 (3)(黒)(黒)
エンチャント

奸謀が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
あなたがコントロールするクリーチャーは選ばれたタイプである。あなたがコントロールするクリーチャー呪文と、あなたがオーナーであり戦場にないクリーチャー・カードについても同様である。


自軍のクリーチャー・タイプを根こそぎ書き換えるコンボエンチャント戦場クリーチャーだけでなく、ライブラリー墓地といった領域カードスタック上の呪文まで効果が及ぶ。

元は傭兵レベルリクルート能力と組み合わせるためにデザインされたカード。今ではオンスロート・ブロックローウィン・ブロッククリーチャー・タイプを参照するカードと組み合わせることができ、用途が増えたと言える。

やや重いがコンボ専用カードとしてのポテンシャルは持っており、様々な面白いコンボを作れる。例えば、ウルザの保育器/Urza's Incubatorと並べると2マナ以下の無色のクリーチャーコスト0で唱えることができる。

  • あなたオーナーである戦場に出ていないクリーチャー・カード」と書いてあるが、現在のルールでは能力中に「カード」と書いてあった場合はパーマネントや呪文は含まないので、「戦場に出ていない」の部分は蛇足となっている。
    • かつてはパーマネントや呪文もカードに含まれていたので、あなたがオーナーであるクリーチャー・カードを対戦相手コントロールしている場合も、その呪文は「あなたがオーナーである戦場に出ていないクリーチャー・カード」であるためスタック上で奸謀の効果を受けていた。現在はこの場合も効果を受けない。
  • これはクリーチャー・タイプを上書きし、元々持っていたそれを失わせる。
  • 静寂の捕縛/Bound in Silenceなどの部族カードはクリーチャー・タイプを持つが、クリーチャーではないため影響を受けない。
  • 同名の特殊セットが存在する。(→コンスピラシー

[編集] 開発秘話

プレイテストの時点で傭兵()がレベル()に比べて弱いことが分かっていたため、それを支援するために作られたカード。そのため、本来「クリーチャー・タイプの変更」は青の色の役割であるが、これは黒になった。黒なのにクリーチャー・タイプが変更されてしまう理由は、(黒らしい)陰謀のせいとされた。Mark Rosewaterはこれを「メカニズムを無理やりフレイバーで正当化しようとするのは、労力を惜しんだみっともないデザインでしかない」と振り返っている(参考)。

[編集] 関連カード

選んだクリーチャー・タイプを与えるカードとして、のちに以下の亜種が作られている。

これらは奸謀とは違い元のクリーチャー・タイプを残すため、効果としては前述のSeshiro the Anointed Avatarに近い。

[編集] 参考

MOBILE