核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jin-Gitaxias, Core Augur / 核の占い師、ジン=ギタクシアス (8)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 法務官(Praetor)

瞬速
あなたの終了ステップの開始時に、カードを7枚引く。
各対戦相手の手札の最大枚数は7少なくなる。

5/4

の派閥の法務官自分に大量ドローをもたらし、対戦相手手札の上限を(通常の場合)0枚にする。サイクル中最も重いが、その分能力は非常に派手。

5/4とそれなりのサイズはあるが、極端な重さとマナレシオの低さ、即座に戦場を制圧できる能力ではないことを考えると、主に構築アドバンテージを目当てに使われるカードだろう。戦場に出すことさえできれば、オーバーキルとも言えるほどのハンド・アドバンテージをもたらしてくれる。

能力が発揮されるまでにタイムラグがある上、除去耐性がないので、どうにか守りきりたいところ。素出しできるのであれば、瞬速によって相手ターン終了ステップ中に唱えて反撃の芽を潰すとよい。マナ・コストを踏み倒して早いターンに出せば大きな効果が得られるが、この手の呪文能力の多くはソーサリー・タイミングでしか使えないので、相手ターンのクリンナップ・ステップまでに隙ができるため注意。もっとも、自分のターンを守り切れればその時点で膨大なアドバンテージを得られるので、対戦相手の土地がフルタップ状態の時などにある程度割り切って出すのも悪くはない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシア法務官サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャーであり、コントローラーに利益を与える能力と、対戦相手に不利益を与える能力を併せ持つ。2つの能力は対称的な効果となっている。

[編集] ストーリー

詳細はジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxiasを参照。

[編集] 参考

MOBILE