死の影/Death's Shadow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Death's Shadow / 死の影 (黒)
クリーチャー — アバター(Avatar)

死の影は-X/-Xの修整を受ける。Xはあなたのライフの総量である。

13/13

コントローラーが死に近づくほど存在を濃くするアバター。1マナ13/13と目を疑うようなマナレシオを持つが、自分のライフの総量分だけパワータフネスにマイナス修整を受ける。

序盤に戦場に出しては即座に死んでしまうし、終盤では1マナという最大のうま味が活かせないため、上手く使う工夫が必要となる。コスト効果で能動的かつ高速でライフを減らすスーサイドカード、例えばフェッチランドショックランドファイレクシア・マナ関連の軽量呪文などと相性が良い。また悪疫/Poxデッキなどライフと土地を同時に削るようなデッキにおいても、軽さが十分活かせるだろう。あるいはイーオスのレインジャー/Ranger of Eosサーチ可能であるため、デッキに1枚だけ忍ばせておけば最適なタイミングで展開する事ができる。

スタンダードでは、新たなるファイレクシアでのファイレクシア・マナの登場により注目され、呪詛の寄生虫/Hex Parasite焼身の魂喰い/Immolating Souleaterとのコンボを組み込んだデッキが作られた。

初期のモダンではほとんど注目されていなかったが、タルキール覇王譚および運命再編の参入後、このカードを主力に据えたSuper Crazy Zooが登場したことで一躍トーナメント級のカードとなった。ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe禁止後も、フェアデッキでも十分運用可能なカードとして再評価され、ジャンド死の影グリクシス死の影といった死の影デッキの主力として活躍している。

エターナルにおいても、極めて軽いフィニッシャーとして有用。死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanが禁止となり、ライフをへらすリスクが減った事で、環境に見られるようになった。

[編集] 参考

  1. @Maro254(Mark RosewaterのTwitter 2010年1月14日)
MOBILE